決勝トーナメント1回戦:日本対ベルギー

著者: sportipsオフィシャル


日本、ベルギーを追い詰めるもベスト8進出ならず!

 

 

2大会ぶり3度目の決勝トーナメントに進出した日本の決勝トーナメント1回戦の相手はFIFAランク3位の強豪・ベルギー。下馬評では圧倒的にベルギー有利。そんな前評判を覆して日本代表は過去に2度はじき返されてきた、ベスト16の壁を突き破ることができるのかという試合になりました。

 

先発メンバーは、両チームともにベストメンバーがそろいました。日本はグループリーグ初戦、2戦目と同様の布陣。このメンバーは、現時点での日本のベストメンバーと言っていいでしょう。対するベルギーも足首を痛めグループリーグ最終戦を欠場した今大会2試合4得点のエース・ルカクが先発復帰。さらにケガから復帰した守備の要・コンパニーが今大会初めて先発出場しました。

 

ワントップに入ったルカクのキックオフでベルギーボールの試合開始

前半1分、このゲームのファーストシュートを放ったのは香川でした。香川が放ったシュートは枠を捉えることができずに惜しくもゴール右に外れてしまいました。

 

前半開始直後、日本は連動して守備をして良いリズムで攻撃できていましたが、次第にベルギーの個人能力の高さからボールをキープされる場面が目立ちはじめました。ベルギーは幾度となく日本のディフェンスラインの裏へのスルーパスを狙ってきます。個の力で攻めるベルギーに対して日本は、複数人で組織的に対応にあたっていきます。

 

前半25分頃から日本は圧倒的に押し込まれていき、ゴール前でのピンチが続いていきます。日本も香川、乾、長友の左サイドの連携からチャンスをうかがいますが、決定的な場面は作り出せずにいました。

 

圧倒的に攻められる時間が長かった日本でしたが、粘り強い組織的なディフェンスで守り切り、前半は0-0のまま終了しました。

 

後半3分、抜け出した原口が右足を振り抜きゴール!

両チームともに交代なし、フォーメーションの変更もなしで後半がスタートしました。後半開始3分、日本にビッグチャンスが生まれます。カウンターから柴崎が抜け出し、絶妙なスルーパス。このボールが走りこんだ原口にピタリと合いました。原口は右足を振り抜き、見事ゴールを挙げました。攻められる場面の多かった日本がワンチャンスをものにしました!

 

後半6分、乾のミドルシュートで日本が追加点を挙げる!

先制点の興奮がおさまらない後半6分、日本に追加点が入りました。相手のクリアボールを拾った香川がペナルティエリア左に流れ、中央に走りこんだ乾にパス。乾はペナルティエリアから10メートル程度離れた位置からミドルシュート。放たれたシュートはゴールキーパーの手をすり抜けゴール右隅に決まる2点目となりました。

 

 

後半24分、フェルトンゲンのヘディングシュートで2対1に

点を取らなければならないベルギーは後半20分、194センチの長身で空中戦に絶対の強さを持つフェライニを投入しました。さらにサイドのシャドリも同時に入りました。

 

ベルギーの選手交代から4分後、日本にとって不運な1点が入ってしまいます。混戦のクリアボールがフェルトンゲンの元へ。中央にヘッドで折り返したボールはそのまま日本ゴールに吸い込まれてしまいます。日本にとっては、非常に不運な1点となってしまいました。

 

後半29分、フェライニのゴールで2対2の同点に

アザールが日本の左サイド深くからクロスを挙げ、途中出場のフェライニが得意のヘディングで合わせます。ドンピシャのタイミングのこのヘディングシュートは日本ゴールに決まってしまいました。ベルギーの采配がピタリと合ったかたちになりました。これで日本は2対2に追いつかれてしまいました。

 

後半49分、カウンターからシャドリに決勝点を奪われる

コーナーキックからのカウンターを受け、ベルギーに3点目を奪われてしました。この試合、アディショナルタイムは4分と設定されていましたが、アディショナルタイム4分台に入った後半49分にシャドリに決勝点を奪われてしまいました。

この試合、敗れはしましたが、日本は世界に十分なインパクトを与えることができたはずです。この試合内容を見て、世界のサッカーファンは日本のグループリーグ突破はフロックではないと気付いたと思います。結果は日本にとって悔しいものとなってしまいましたが、ハリルホジッチ前監督の電撃解任、そして西野監督の就任からわずか2カ月で、今回の日本代表は素晴らしい結果を残してくれたのではないでしょうか。世界のトップと渡り合ったこの4試合は日本のサッカーにとって大きな財産になってくれると信じています。

 

 

戻る