日本代表対セネガル

著者: sportipsオフィシャル


勝てば2大会ぶり3度目の決勝トーナメント進出に大きく近づく日本。対してセネガルも前試合でポーランドに快勝し、この試合に勝てばグループリーグ突破に王手をかける。

似たようなシチュエーションに置かれた両チームですが、先制点を奪ったのはセネガルでした。

 

前半12分、ゴールキーパー川島のパンチングがセネガルのエース・マネに当たり、セネガルが先制点を挙げる

 

原口のクリアミスからサバリがペナルティエリア左からシュートを放ちます。

いったんは川島がパンチングではじいたものの、そのこぼれ球が運悪く、最も警戒するプレーヤーであるマネに当たり先制点をセネガルに奪われてしまいました。

その後、日本は中盤での細かいパス回しからのサイドチェンジを多用した攻め、セネガルは中盤でボールを奪い一気呵成に攻め立てる攻撃の一進一退の攻防となりました。

このまま膠着状態になるかと思われたゲームを動かしたのは親善試合から好調を維持している乾でした。

 

前半34分、乾がペナルティエリア左からゴール右隅に同点ゴール

 

中盤の底の柴崎からのローグフィードを左サイドバック長友が追いつき、そのボールを受けた乾がペナルティエリア左45度の角度からシュート。

相手ゴールキーパーの手をすり抜け、見事同点に追いつきました。

 

11のまま前半は終了し、勝負は後半45分へ

後半開始早々ペースを握ったのは日本でした。

セネガルは前線からのプレスが緩み、日本の強みである中盤が自由にボールを持てるようになりました。

一方、セネガルのバランスは徐々に崩れ、ファウルが目立ち始めます。長谷場、昌子が相次いでセネガルのファウルに倒れます。

このように日本ペースで進んでいた試合ですが、次にゴールを奪ったのはセネガルでした。

 

後半26分、日本のペナルティエリア深くまで侵入したサバリの折り返しにワゲが右足を降り抜き12

 

セネガルの競り合いの強さ、そこからのカウンターのスピードに左右に振られてしまったすえの失点でした。

この失点で気落ちするかと思われた日本ですが、この日は違いました。香川と代わり投入された本田が、勝ち越しゴールから7分後、大仕事をやってのけます。

 

後半33分、大迫のクロスにペナルティエリア中央の本田がボレーシュートでふたたび同点に

先発トップ下の座を香川に奪われてしまった本田ですが、ここ一番で大きな仕事を成し遂げました。

後半27分に出場した本田は、長年培った乾、岡崎とのコンビネーションからゴール前でフリーになり、得意の左足を一閃、値千金の同点ゴールを生み出します。

2対2の同点になった後、選手起用に両チームの違いが現れます。

セネガルは後半36分にヌドイを、41分にディウフを途中出場させましたがともに守備的な選手。

対して日本が切ったカードは超攻撃的な宇佐美。後半の勢いからも見て分かるように、セネガルは「引き分けでOK」、日本は「勝ちたい」試合だったということがこの選手起用からも見て取れます。

 

試合後に選手たちが口々に「勝てた試合だった」と話しましたが、日本にとっては勝ち点3を「取りそこねた試合」と言っても良いほど出来の良い試合だったのではないでしょうか。とはいえ、強豪セネガル相手に引き分けたのは良い結果だと言えるでしょう。

 

残念ながら決勝トーナメント進出は次戦のポーランド戦に持ち越しになりました。

しかし、今の日本代表の雰囲気、チームワーク、そしてサッカー自体の質から見ても次戦も十分期待できます。

開幕前は夢物語だったグループリーグ突破が現実的なものとして見えてきました。

戻る